HOME > 平成30年度ページ一覧 > Q&Aトップ > Q&A

Q&A

キーワード:評価基準型

1.事業内容

対象事業

Q
すべての評価項目が認定基準かつ補助申請額が100万円以下のリフォームは「評価基準型」、「認定長期優良住宅型」のどちらで申請すれば良いですか。
A
どちらで申請しても構いません。 
長期優良住宅(増改築)認定を取得するものについては、「認定長期優良住宅型」で申請することが可能です。

2.事業の実施方法

申請手続き

Q
交付申請時に、リフォーム計画の評価基準等への適合性はどのように確認するのでしょうか。
A
事業タイプに応じ、それぞれ以下の①~③により確認してください。
①評価基準型:建築士による工事内容の適合確認書類
②認定長期優良住宅型:評価機関による基準適合を確認した書類や認定通知書等
③高度省エネルギー型:②に加えて一次エネルギー消費量が省エネ基準費20%削減されることが評価機関によって確認されている書類(BELS評価書)